APOT土橋設計


侘びに魅せられた男のロマン邸
趣味の茶の湯を長く習い、「侘び」に見せられて 三畳台目のお茶室を造りたい。から始まったお茶室 造り。結果は3畳台目、四畳半、八畳と三箇所の炉が 出来ました。
「茶の湯」の場所は住まいにおける 癒し場所なので、普段の生活空間とは中庭で分けて 提案しました。

男のロマン邸

名 称 侘びに魅せられた
男のロマン邸
所在地 日高郡日高川町 構 造 木造2階建て
敷地面積 650㎡ 建築面積 207㎡ 延床面積 229㎡


ページトップ




ホームプロフィール作品例お知らせアクセスリンクお問合わせブログフェイスブック



ワークス

 江津良谷の住まい 江津良谷の住まい
 井ノ上の住まい 井上の住まい
 美山の住まい 美山の住まい
 侘びに魅せられた男のロマン 男のロマン邸
 野島の住まい 野島の住まい
 小中の住まい 小中の住まい
 居酒屋のり 居酒屋のり
 特別養護老人ホーム白寿苑



APOT 土橋設計
〒644-0043和歌山県日高郡美浜町吉原958-145
TEL:0738-23-3423


建築家集団アーキトライ


Copyrightc2015 APOT TuchihashiAll Right Reserved